睡眠不足

こんにちは!

BITORIAのSayaです☆

ここ最近、急に温度があがって熱くなってきましたね!!

夜暑すぎて最近ちゃんと寝ていますか?睡眠不足になっていませんか?

今回は睡眠不足のデメリットを紹介。



睡眠不足になるとダイエットに支障が出たり、うつ病の原因になったりにも。

快適な睡眠のために夜にはスマホを見ない、朝にストレッチをするなどの対策を。

最近夜更かしをしていませんか?

早く寝ようとは思ってはいても、勉強や趣味の時間のために睡眠時間を削って夜更かしをしていませんか?

そんなあなたに改めて知ってほしい睡眠不足のデメリット!!

☆太りやすくなる

夜遅くまで起きていると、単に夜食を食べるという理由から太ってしまします。

ですが、それとは別に成長ホルモンとの関係もあり成長ホルモンには脂肪を分解する働きがあるので、睡眠不足だと脂肪が増える一方になる。

睡眠不足が肥満の原因になるのは、成長ホルモンの分泌量が減少するためでもあります。

成長ホルモンには、脂肪を燃焼するという働きがありる。

☆脳の働きが鈍くなり、ミスが多くなる

誰もが知っていることだとは思いますが、睡眠不足によって記憶力も集中力も低下します。

頭がぼーっとして、やる気のある仕事をミスしたり、勉強の障害となるのは避けたいですね。

睡眠不足は脳の働きを鈍らせるわけですから、思考力、判断力、集中力、記憶力がすべて減退します。そのため車の運転、工場での作業などは要注意☆

☆急な不安に襲われる

睡眠不足の人は睡眠が十分に足りている人よりもストレスを感じやすいので、不安な気持ちに襲われやすいです。心当たりがある人は要注意☆

睡眠不足時に不快な情動刺激(感情ストレス)を受けると熟眠時よりも扁桃体の活動が亢進し、不安や抑うつが高じやすくなるものと推定されました。

☆イライラしやすくなる

イライラしやすい人は睡眠不足が原因かも?

睡眠不足はうつ病だけでなく、"キレやすさ"も引き起こします。

現代人にみられる抑うつ傾向や“キレやすさ”の一部は睡眠不足が関与しているのかも。

☆肌のトラブルが増える

睡眠不足は肌のトラブルにもなるということを忘れないで。肌の新陳代謝が活発となる時間帯が22時〜2時という方は知っている人も多いと思いますが、睡眠時間自体も大切!!

新陳代謝が行われて肌は再生されていくのですが、この新陳代謝が活発に行われる時間は、大体22~2時くらい。

個人差はありますが、肌の再生や肌への栄養補給には最低6時間くらい必要ですので、一日に6~8時間は睡眠時間を確保するといい。

☆体のトラブルが増える

自分の趣味に時間を割きたくて、睡眠時間を犠牲にする人は多いと思いますが、体のトラブルも引き起こすという事を思い出してください。体の調子が悪くなると、思うように動けなくなるので逆に自分の時間が少なくなります。

睡眠不足が慢性化してしまうと、頭痛、目まい、立ちくらみ、吐き気、倦怠感などの症状が現れ、何かを考えようにも頭が回らなかったり、集中力がなくなったりすることもある。

また、このような症状よりも更に悪化してしまうと、幻覚、幻聴、体の一部や全身の震えが生じることも。

☆寝る前のスマホ、パソコンは控えて

夜のスマートフォン、パソコンから出る"ブルーライト"は強い光なので、睡眠ホルモン・メラトニンの分泌を止めてしまいます!寝る前は他にリラックスできることをしましょ♪

強い光は、睡眠ホルモン・メラトニンの分泌を止めてしまい、不眠の原因になると言われる。

どうでしたか?

当てはまるものありましたか?

睡眠不足はデメリットでしかない!!デメリットを解消するには

同じ時間に寝起きする習慣が身につくと、体内リズムが改善されるために、寝付きと目覚めの両方が良くなります。

そうすると熟睡できるようになるため、睡眠の質も良くなる。

起きたらストレッチorウォーキング!!

ストレッチは、固まった体を伸ばす行為になります。体を伸ばすことによって血流が増え、当然、脳への血流も多くなります。脳への血流が多くなれば、脳に運ばれる酸素量も増え、それが「目覚め」へと導いてくれますよ!!

寝不足にはくれぐれも気を付けましょう!!


【BITORIA】小顔骨盤矯正サロン

東京・表参道・青山・池袋【BITORIA】小顔矯正・骨盤矯正サロン 口コミ絶賛!芸能関係者にも信頼されるお忍び隠れ家サロン スタッフ全員女性・資格有 当店の特徴→ 小顔矯正・骨盤矯正・ボディートリートメントを融合します。

0コメント

  • 1000 / 1000