むくみ対策

こんにちは!☆

BITORIA池袋店のです☆

今日はむくみ対策について書きたいと思います!

大事なのは塩分控えめ!ちょっとした調理のコツで「むくみ対策」★

むくみ対策というと、着圧ソックスや、冷え改善、適度な運動、足を上に向けるなど、いろいろな方法が挙げられると思います。しかし、やはり最も重要なことは「塩分制限」です!☆

実践した塩分を控えるための調理方法のコツをご紹介します♪

◇醤油をポン酢に変える

洋食より和食の方が体に優しく良いだろうと和食にしがちですが、実は和食には落とし穴があります。和食でよく使われる調味料といえば醤油です☆醤油をポン酢に変えるだけで塩分濃度が約半分になります。ポン酢が苦手だという方は、醤油をポン酢やだし汁で割って食べるでも塩分が半分以下になるのでおすすめですよ☆

◇調味料は「直接かけずにつける」

料理は、家族全員分を一度に作る方が多いと思います。フライパンや鍋に塩、コショウ、みりん、酒、醤油などをどんどん入れていきますよね。そのような調理法を見直し、例えば生姜焼きであればコショウだけで味付けし、自分が食べる分だけを別にお皿にとり、残りを家族の分として引き続き調理します。自分の食べる分は、ポン酢を小皿にとって、つけて食べるようにすると、料理の上に直接かけるよりも、塩分を半分以下に抑える事ができますよ。

◇みそ汁はやめる

味噌は発酵食品で体に良いイメージがありますよね。しかし、味噌の塩分濃度は12%と塩分の多い食品でもあるのです。もともと汁物は塩分が多いので、ラーメンのスープやうどんのつゆを全て飲む方はあまりおられませんよね。同様にみそ汁も、思い切ってやめてしまうか、具だけを食べるようにしましょう☆

【BITORIA】小顔骨盤矯正サロン

東京・表参道・青山・池袋【BITORIA】小顔矯正・骨盤矯正サロン 口コミ絶賛!芸能関係者にも信頼されるお忍び隠れ家サロン スタッフ全員女性・資格有 当店の特徴→ 小顔矯正・骨盤矯正・ボディートリートメントを融合します。

0コメント

  • 1000 / 1000