生理対策!

こんにちは!

BITORIAのSayaです。

昨日の夜はなんだか涼しかったですね☆

そういえば生理になると頭痛や腰の痛み、生理痛でもう気分は最悪。

いろんなことに敏感になり、イライラしてしまいます。

そんな生理中の対策は皆さんどうしていますか?

今回は意外とやってしまいがちな生理対策の間違いをご紹介します!


1.お腹を温めて生理痛を和らげる

生理痛の緩和のために、お腹にカイロを当てたり、腹巻をしたりお腹を温めて対策してる人が多いのではないでしょうか。しかし、お腹を温めるのはあまり効果がないんです。熱を通しにくい脂肪が多いお腹より、脊髄の下部に位置する「仙骨」という三角形の骨周辺を温めたほうが、子宮に近い場所にあり、大きな血管も通っているため、子宮が温まり生理痛緩和につながります。

2.激しい運動や骨盤体操

生理中にストレッチなど軽い運動ををするのは、血行がよくなり生理痛緩和にオススメですが、激しい運動や骨盤体操はNGです。生理中は骨盤が緩んでいる状態で、その時に激しい運動や骨盤体操すると骨盤が歪んでしまいます。また激しい運動をすると経血量が増えてしまう可能性があるので控えましょう。

3.デリケートゾーンを念入りに洗う

蒸れて気持ち悪いし、かゆいからといってデリケートゾーンを念入りに洗いたくなる気持ちはわかりますが、これはNG。洗いすぎると必要な菌まで洗い流してしまい、症状を悪化させてしまいます。また刺激で皮膚のメラニン細胞が活性化され黒ずんでしまう可能性もあります。かゆい場合や軽くかぶれた場合は市販の軟膏薬を使ってみましょう。

自分の身体に良かれと思ってしていたことなのに、実は逆効果だったと知って驚いたこともあるのでは?これからは、きちんとした知識を持って身体をいたわり、少しでも快適な生理期間を過ごしてくださいね。

【BITORIA】小顔骨盤矯正サロン

東京・表参道・青山・池袋【BITORIA】小顔矯正・骨盤矯正サロン 口コミ絶賛!芸能関係者にも信頼されるお忍び隠れ家サロン スタッフ全員女性・資格有 当店の特徴→ 小顔矯正・骨盤矯正・ボディートリートメントを融合します。

0コメント

  • 1000 / 1000